大阪、池田市の矯正歯科

山片矯正歯科

保護者の方へのお願い

矯正治療は虫歯などの歯科治療と違って、診療所に来た時だけが治療なのではありません。
矯正歯科医を訪れるのは装置を作ったり調整に来るためであって、
家にいるときも矯正の治療は継続していることをご記憶ください。

特に患者さんが幼いときには保護者の積極的な協力が必要です。

保護者が非協力的であれば治療は必ず挫折してしまいます。
お子さんを叱責するのではなく、一緒に治療を受けるような気持ちで励まして欲しいものです。
通院日時の約束は必ず守ってください

歯を動かすための作用が、次の通院日くらいまでしか続かないため、
いたずらに放置しておくと治療期間が長引き、よい治療成績は得られません。

どうしても約束の日時に来院できない時は、早めに電話連絡して、
かわりの日時を決めてください。

歯をしっかりみがきましょう
口の中に装置を入れると食べ物のかすがたまりやすくなり、
虫歯や歯ぐきの炎症の原因になります。

食後には必ず歯ブラシを使い教わった方法で歯を磨いてください。

とりはずしのできる装置は決められた時間必ず使ってください。
床矯正装置は一日中、またヘッドギアー・チンキャップ・ゴムなどは決められた時間を守って使用してください。
よく使うと良い結果が得られますが、不十分だと効果はほとんどありません。

装置がこわれた時には、すぐに連絡してください。
そのままにしておくと、歯や歯ぐきを傷つけたり、歯を悪い方向に動かすことがあります。

食べ物についての留意点

粘るものは食べないでください。
矯正装置をいれている時は、おもち・アメ・チューインガムなどの粘るものを食べるのは避けてください。

強制装置は無理をすると壊れやすいという欠点があります。

装置が頻繁に壊れると治療が長引いたり、失敗する原因になる事があります。





継続的な通院が必要です
矯正治療は、約1ヶ月に1回、あるいは2〜3ヶ月に1回の間隔での継続的な通院が必要です。
多くても月に2回ですから学習塾・クラブ活動等を休んでいただく場合もありますので
ご了承ください。
  トップページ
  山片矯正歯科について
  山片矯正歯科へのアクセス
  矯正治療について
  矯正治療とは
  矯正治療の流れ
  矯正治療の方法
  保護者の方へ
  ホワイトニング治療
  矯正治療費用について
  医療控除について
  初回カウンセリング
  矯正治療ドキュメント
  患者様の症例
  相互LINK

25歳からの矯正治療