大阪、池田市の矯正歯科

山片矯正歯科
矯正治療とは
 矯正治療とは矯正装置を用いてゆっくりと歯を動かし、上顎と下顎の歯並びを整え、噛み合わせをよくし、
口もとをきれいにすることです。そして正しい咀嚼(ものをかむこと)や発音を導きます。

矯正には次のような目的があります。

歯並びをきれいにする
見た目をきれいにするだけではなく、歯列を整えることによってブラッシングしやすくなり、
将来の虫歯や歯周病の予防にもつながります。

咀嚼,発音機能の改善
ガタガタの歯並びでよく噛めない場合でも、矯正によってしっかり噛めるように治します。

顔貌の改善
出っ歯などで口もとがでている場合、矯正よってきれいな口もとに整えます。

心理面の改善
私たちは成長するにつれ、自分の顔だちに関心を抱いてきます。
そして健康であるとともに、美しくありたいと願うものです。
きれいにならんだ白い歯と調和のとれた顔だち、そこから育つ心の満足感。

これからは美しさの大きな要素なのです。
患者本人の歯並びや顔立ちについての悩みをなくしていくことは、
肉体的にも精神的にも本人の将来にとって必要なことであり、私たちはご家族共々、
この問題にたずさわっていきたいと考えております。
 歯が凸凹にならんでいる、歯と歯の間に隙間がある、出っ歯や受け口、上下の歯がうまく噛み合わない、はっきりした発音ができない、
顎の関節が痛い、あるいはコリコリと音がする、また、口もとに関して精神的な引け目を感じているなどその他どんな場合にでも、 気軽に相談してください。

歯並びの悪いことを専門的には不正咬合といいます。この不正咬合には多くの原因があり、遺伝的なことによる歯とあごの骨の大きさの不調和・乳歯の
早期喪失(早い時期に失ってしまうこと)・乳児後期まで続いた指しゃぶり・唇や舌の悪い癖・異常分娩・事故による歯の破折や欠落など様々です。
特に近年、あまりよくかまないことによって子供たちの顎の骨が小さくなっている傾向があり、乳歯の時期はきれいに並んでいても、大人の歯に生え
変わってくるとガタガタしだした、というケースが増えています。

歯ならびも虫歯と同様、放っておいても治りません。ガタガタの歯ならびの場合、ブラッシングによっても多くの磨き残しが生じ、将来、虫歯や歯周病の原因になったり、あるいは、かみ合わせが悪い場合だと、かたい物がかめない・かんでいると顎がだるくなるという症状を訴えたり、顎の関節の病気になる場合があります。
若いあいだは適応力がありなんともなくても、年をとるとそのような症状が現れてくることがあります。

矯正治療はよいことばかりかというとそうではありません。
すばらしい治療ではありますがどうしても次のような弊害があることも覚えておいてください。

  • 歯根の吸収
    矯正治療ではゆがんで生えた歯を正常な位置に持ってくるため、骨との摩擦のようなことで歯の根の先がする減る(吸収する)ことがあります。
    この吸収の程度は患者によって様々ですが多少なりとも生じることをご了承ください。
  • 疼痛・違和感
    個々の歯に対し持続的に力を加えているわけですから、どうしても痛みを生じます。
    特に初めて装置を入れたとき、あるいは針金を換えたときは2〜3日歯が浮いたような痛みを感じます。

    痛みの程度も患者さんによって様々ですが、4・5日もすればおさまりますので、あまり神経質になる必要はありません。違和感も同様に、装置を入れた日はかなり違和感がありますが、長くても1週間すればなれますので、それまではご辛抱ください。

  •   トップページ
      山片矯正歯科について
      山片矯正歯科へのアクセス
      矯正治療について
      矯正治療とは
      矯正治療の流れ
      矯正治療の方法
      保護者の方へ
      ホワイトニング治療
      矯正治療費用について
      医療控除について
      初回カウンセリング
      矯正治療ドキュメント
      患者様の症例
      相互LINK

    25歳からの矯正治療
    山形矯正歯科