大阪、池田市の矯正歯科

山片矯正歯科

治療方法について


治療にもちいる装置は


矯正治療器具基本的には、一般的なマルチブラケット装置を用います。これはブラケットと呼ばれる小さな装置を一つ一つの歯の表面に接着し、そこに針金を通して、歯を動かすというものです。

このブラケットは通常、金属製のものですがセラミック製や透明なプラスチック製のものもあります。

このマルチブラケット装置は歯に接着するため
取り外しはできません。

小さなお子さまで乳歯が残っている場合は取り外しの装置(プレートあるいは顎外装置)を用いる場合があります。

個々の患者さんの年齢、不正咬合の程度によって用いる装置は異なります。

治療時期について


当院では早めからの治療をおすすめしております。(出っ歯、乱ぐい歯の場合は7,8歳頃から、受け口などでは4歳ぐらいから)
これは、あごの成長変化を利用できるからです。

これは、あごの骨の成長変化を利用できるからです。
受け口などではもっと早く(6〜7歳ぐらいから)始めたほうがよいことがあります。

個々の患者さんの状況によって最適な治療開始時期は決まってきます。

また、成人になるとできないということではなく、歯を動かすことは何歳であっても可能です。

40歳以上の患者さんでも治療できます。
大人だからといって手遅れだということはありません。

矯正治療期間について


不正咬合の程度によって異なりますが、最低3〜4年、長くて7〜8年程かかります。
なお、小さなお子様の場合、乳歯の交換やあごの骨の発育を観察していく必要があるため必然的に治療期間が長くなることがあります。
  トップページ
  山片矯正歯科について
  山片矯正歯科へのアクセス
  矯正治療について
  矯正治療とは
  矯正治療の流れ
  矯正治療の方法
  保護者の方へ
  ホワイトニング治療
  矯正治療費用について
  医療控除について
  初回カウンセリング
  矯正治療ドキュメント
  患者様の症例

25歳からの矯正治療
山形矯正歯科